So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

サンフレッチェ 初めてのACLが終幕 [サンフレッチェ広島]

初出場のACLはいきなり3連敗。

他サポさんたちに「何でお前らが出てるんだ」「名古屋が出とけば良かった」などと散々言われて、正直凹みました。

でも、その後は予想外の3連勝。残念ながら予選敗退してしまったけど、最後は若手主体で戦って浦項に勝てたし、間違いなくサンフレッチェやサポーターには素晴らしい経験になった。

応援する側からしたら、ACLって本当に楽しい。
今年はG大阪のおかげで出場させてもらったけど、来季は自力出場したい!
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

ACL サンフレッチェ広島VSアデレードユナイテッド [サンフレッチェ広島]

早々と失点。

ストヤノフ退場。

一人少ない中で、なんとか同点。

その勢いで、まさかの逆転。

でも、その後に2失点。

結局2-3で敗戦。

これで初参戦のACLは3連敗。

サンフレッチェには本当に良い夢を見させてもらってる。

だけど、結果がキツイ。

甲子園に初めて出場したけど、1回戦でボロボロにやられた高校のようだ。

残り3試合。なんとか1勝して欲しい。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

2010 Jリーグ開幕!広島はドロー発進 [サンフレッチェ広島]

一足早く、ACLの山東魯能戦で、すでに1試合を戦っていたサンフレッチェ。

清水との開幕戦は、1点リードで迎えた後半45分+3分で非常に残念な失点。

悔いの残るドローに終わった。

前半は広島がゲームをコントロールし、後半は清水が攻め続けた。

トータルで見たら、妥当な結果かもね。

それでも、試合終了間際まで無失点で辛抱してたんだから、本当にもったいない。



ところで、広島の先制点はPKで得たものだったのだが、このPKが非常に「トリッキー」なものだった。

いつもGKに背を向けて、後ろ向きPKをする槙野がボールをセットし、助走をとる為にどんどん前進し、ペナルティエリア外へ・・・とその瞬間に手前のエリア外から佐藤寿人がいっきに駆け込み、シュート!

選手も含め、観ている人のほとんどがダマされたのではなかろうか。
スカパーの中継カメラも、槙野を追っていたので、画面の手前を佐藤がいきなり横切るような映像だったし、実況の西岡さんもトリックに引っかかってるようでした。

こんな変わったPK初めて観たけど、もう当分は使えない技だな。



さて、サンフレッチェの次戦はACLの浦項戦。ミッドウィークに韓国遠征です。

Jを戦ったすぐ後に海外遠征して、帰ったらすぐにJの試合(しかも次はアウェー)。

この厳しい日程、サンフレッチェにとっても、応援する者にとっても未体験ゾーン。

怪我人だらけでキツイけど、どうにか頑張って欲しい!
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

2008年のカープ、終戦。 [広島東洋カープ]

先週の日曜日に広島市民球場ラストゲームを終え、「(日本シリーズで)必ずここへ帰ってくる」というキャッチフレーズを掲げ、CS進出を懸けて、神宮と横浜での戦いに挑んだが、この土壇場でのふがいない戦いでCS進出の望みがあっさり断たれてしまった。

この大事な試合に、打てない、守れない、そして投手陣崩壊で、いつものカープの負けパターン。

今日は超大型連敗中の横浜に大量失点する始末。本当に情けない。
よく、日本シリーズに進出して市民球場に戻ってくるなどと言えたものだ。

対して、3位争いをしていた中日は底力を見せつけ、今週は無敗。

やはり、10年連続Bクラスで毎年この時期は消化試合を戦っていたカープと、毎年優勝争いをして緊張感に慣れている中日の差は大きいのだろう。

この10年、そしてシーズン全体を考えたら今年はよく頑張った。10月の試合が消化試合じゃないカープなんて本当に久しぶりだ。
でも、これはCSという制度のおかげ。
貯金が1つ出来たり、3位になれるかどうかだけで大騒ぎするカープファンや広島のマスコミに、阪神、巨人、中日のファンの方は違和感を感じられていることだろう。この3球団の方から見たら次元が低い話ですもんね。

おそらく、広島のマスコミ(特にテレビ)は「今年のカープはよく頑張った、感動をありがとう」と言うのだろう。
ローカル番組でカープに対して厳しいことを言っているのを聞いたことがない。
これだけBクラスを続けても批判をしない。むしろ、どうにか良い部分を見つけて褒めている始末だ。
大阪では阪神、名古屋では中日に対して、地元マスコミが厳しい事をズバズバ言うというのを聞いたことがある。
カープを成長させる為に、広島のマスコミは言うべきことは言わないといけない。

カープの今シーズンはもうすぐ終わり、試合を観る楽しみはなくなる。
だが、広島のマスコミやファンが、今シーズンをどう総括をするのかが楽しみだ。



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

広陵対佐賀北再び・・・ [高校野球]

広陵対佐賀北再び・・・と仰々しいタイトルをつけたが、24日に広島県内で練習試合を行ったようだ。

結果は、広陵が5-1で勝利。

ま、練習試合で勝ってもリベンジとは言えない。

練習試合なんか何回負けてもいいから、昨夏勝っておいて欲しかったなあ・・・。

思い出すだけで、あの悔しさが甦る。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

今年もカープは、やっぱりカープ [広島東洋カープ]

市民球場ラストイヤーということで、最後くらいは頑張って欲しいと思ったが、やっぱりカープだ・・・弱い。
しかも負け方が悪い。
チャンスを作っては凡退の繰り返し。
このチームを応援していると、イライラする、ストレスが溜まる。

広島市もカープが今年もBクラス(ただいま10年連続Bクラス中)なら、新球場建設を凍結するとか脅しをかけてみればイイのに・・・。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

ゼロックススーパーカップ [サンフレッチェ広島]

サンフレッチェの選手達がカップを掲げるなんて、非常に感慨深い。

94年のサントリーシリーズの優勝以来、14年ぶりのタイトルだ。

リーグ、ナビスコカップ、天皇杯の3大タイトルとは、また重要性は異なるがとにかく嬉しい。

2失点したときは、「やぱりダメか、惨めだから大量失点だけは勘弁してくれ」と思ったが、よく追いついた。

柏木、森崎和幸抜きで、フルメンバーの鹿島相手によく頑張ったわ。

これで非常に気分良く、J2の開幕戦を迎えられる。



ところで、試合後に鬼武チェアマンが「こういう試合でJ2が優勝するのはよくない」という発言をしている。

ゼロックススーパーカップはリーグ王者と天皇杯王者が戦う「真の王者決定戦」と銘打たれた試合。

そこでJ2が優勝するのは、J1のレベルが疑われるということなのだろうか・・・。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

駒野、移籍へ。 [サンフレッチェ広島]

地元紙などによると、サンフレッチェの駒野がジュビロへの移籍を決断したようだ。

天皇杯決勝が終わった後に、「ゼロックススーパーカップで鹿島にリベンジしたい」などと残留を示唆していたけど、年明けに交渉したジュビロ磐田に口説き落とされたようだ。おそらく年俸の条件も良かったんだろうし、何よりもJ1で優勝争いをしたいらしい。26歳で駒野クラスの選手が、2度目のJ2を戦うという事は、自身のキャリアアップに繋げるにキツイものがあるというのは理解できる。

 

駒野はサンフレッチェの中で一番好きな選手だったし、今回の移籍は非常に残念である。

だが、駒野にとって今年J2で戦うサンフレッチェにいることは、あまり意味がないとも思ってたし、移籍は覚悟していたのでショックはない。ま、出来れば国内のクラブじゃなくて、カープの黒田みたいに海外に直接行ってくれれば良かったのだが・・・。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

サンフレッチェ、元日決戦へ!! [サンフレッチェ広島]

あの強烈な絶望感、喪失感、脱力感・・・を味わった12月8日から3週間。

J2降格の悪夢を取り払うことは出来ないものの、今日は喜ばせてもらった。

天皇杯準決勝でガンバ大阪を叩いての決勝進出!

サンフレッチェの試合を元日に観ることが出来るなんて幸せだ。

広島サポ以外の方は、「J2降格チームが決勝を戦うなんてつまらん!」とおっしゃるかも知れませんが、まあ許してくだされ。

サンフレッチェがタイトルを獲るチャンスなんて滅多にない。

サンフレッチェの選手達がカップを手に喜ぶ姿を久しぶり(13年ぶり)に見たい!

 

あと、J1王者と天皇杯王者が戦うゼロックススーパーカップの話だが、鹿島の天皇杯決勝進出により

広島は決勝に勝っても負けても、来年のゼロックススーパーカップに出れるのだ。

今まで、こういう特別な試合には無縁だったから、これも非常に嬉しい事である。

もちろん相手は鹿島アントラーズ。

これまた「J2のチームがスーパーカップに出るんじゃねえよ。」って言われそうだが許してくだされ。


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:スポーツ

J2降格をどうにかプラスに考えてみる [サンフレッチェ広島]

J2降格・・・

そのことを考えると憂鬱になる。

2008年をJ2で戦わざるをえないのだから、気分が沈み込んでしまうのはしょうがないのだが、そこをどうにかプラスに考えてみたいと思う。

①まずはJ1だと、負けの方が多かったのだが、J2だと少なくともJ1よりかは勝利をたくさん味わえるだろう。順調に昇格を争える順位にいるならば、試合日の夜はしょっちゅう気分よく過ごせるはず。

②降格により、いくらかの選手は移籍という道を選ぶだろう。柏木、駒野、森崎兄弟らはペトロヴィッチ監督支持の発言をしながらも、自らの去就についてまだ明言していない。

彼らが出て行った場合・・・代わりを担うのは広島ユース出身の若手達にほかならない。現在、前田俊介(大分)、森脇良太(愛媛)、佐藤昭大(愛媛→復帰が決定)がレンタル中。来季は期待度大の横竹のほか、内田、篠原がユースから昇格。そして在籍中の槙野、高萩、高柳、桑田、平繁、遊佐がいる。J1ではなかなか出番の少ない彼らが主力となり、経験値を積むにはJ2はもってこいの場所だ。

柏木はユースから昇格2年目にしてスター選手になってしまったので残留するかは微妙だし、他の在籍中選手も高萩、高柳も去就が決まってない。前田らレンタル組も戻ってくるかはわからない。だが数年後にJ1で上位を狙うにあたって、20歳前後のユース出身組をベースに新しいサンフレッチェを作っていくのも、面白いと思う。

 

 

と、まあ無理やりJ2に落ちることの利点を挙げてみたが、J2では普段から少ないビッグアーチの観客がますます減るだろうし、J2で負ければJ1で負けるより遥かにイライラするだろうし、引き分けでも多分ストレスが溜まる。

そして、1年で昇格させるために今いる主力を残せば、ただでさえ悪いクラブの財政がますます悪化するのは間違いない。しかし、もし今のメンバーをキープできれば・・・J2では反則級の布陣となるだろう。

と、考えると少しは楽しみになってくる・・・わけないか。

 

結論→やっぱJ1がいい。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。